八女玉露・抹茶なら星野製茶園。星野製茶園は奥八女・星野村の豊かな自然の中でこだわりのお茶を製造販売しております。

オンラインショップはこちら
工場見学

星野製茶園では、皆様に安心して当園の美味しいお茶をご愛飲頂きたい、多くの方にお茶の良さを知っていただきたい、そんな想いから、工場内の見学を随時受け付けております。
ここでは、お茶が工場に運び込まれ、どのような過程で加工され、皆様のお手元に届くのか、大きく三つに分けて、その様子を少しだけご紹介いたします。

  • 一、工場にお茶がやってくるその前に…
  • 二、精撰加工工程
  • 三、抹茶加工工程
  • アンダーライン
一、工場にお茶がやってくるその前に…

工場に運ばれてくるその前に、お茶はどのように育てられるのでしょうか?
星野のお茶には昔ながらの伝統的な製法があり、玉露、碾茶園では4月中旬ぐらい、茶の芽が2~3センチ伸びた頃、わらを編んで作られた「スマキ」といわれる自然資材で25日前後、摘採が終わるまで被覆(ひふく)します。

覆いをし、遮光する事により茶の旨味成分であるアミノ酸の含有量が多くなり、覆い香といわれる独特の香りを持つお茶になります。

藁が被ったお茶畑
茶葉をしごき摘みしている手元

玉露、碾茶園ではより良い原葉を作るため、年に一度しか摘採しません。
二番茶を摘まず。一年分の栄養成分を一番茶だけに集中させます。、美味しい茶葉へと育つからです。
そのため、摘採期の判断は慎重に行わなければなりません。摘採方法は昔ながらの「しごき摘み」と言ってやわらかな葉の部分だけを丁寧に摘み取ります。

寒冷紗(黒い幕)を張っている茶畑 葉

かぶせ茶になる茶葉は、わらの被覆をせず、皆様がよく目にされる、寒冷紗(かんれいしゃ)という黒い覆いを1週間~14日程かぶせる栽培方法で育てられます。
寒冷紗をすることによって、日の光を遮る効果があり、茶葉の色がよくなり、渋みが少なくなるなどの効果があります。また、旨味成分であるアミノ酸が光合成によって減少するのを抑制する働きがあり、30%ほど増えることが分かっています。

そうして摘みとられた茶葉・・・
このページのトップへ